• 印刷する

《日系進出》吉本興業、上海にエンタメ人材の子会社

吉本興業ホールディングスは13日、上海市に全額出資子会社を設立したと発表した。エンターテインメント人材の発掘・育成などを手掛ける。

新会社の名称は「上海吉有喜本文化芸術伝播」。3月に立ち上げた。日中両国の人材発掘・育成を図るためのオーディション番組を制作するほか、ライブ配信型インターネット通販「ライブコマース」事業を通して、日本の農水産品・物産品の販路拡大を目指す。

吉本興業は昨年12月、地場企業の上海文広演芸集団と包括業務連携協定を締結。映像・ライブ・ゲームといったコンテンツの企画開発や制作、劇場の運営、「中日文化交流センター」の設立・運営などの事業を共同で進めていくと説明していた。


関連国・地域: 中国-上海日本
関連業種: 金融IT・通信小売り・卸売りメディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:中国業務に復帰して1カ…(05/12)

中国寄せ付けず、5年超の差 半導体をつくる島の未来(2)(05/12)

「来港易」は外国人も対象に 本土居住者の隔離免除、長官明言(05/12)

人口14.1億人に増加 20年版国勢調査、高齢化が進行(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

反不正当競争法の執行強化、営業秘密保護で(05/12)

中国へのマンゴー輸出開始、初回は100トン(05/12)

脱貧困県から農産物調達、農村振興へ(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン