華為、車載部品の開発に10億ドル超投資

通信機器大手、華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)の徐直軍・副董事長兼輪番董事長は12日、自動運転技術などを含むスマートカー向け部品の研究開発(R&D)に今年は10億米ドル(約1,097億円)超を投資すると明らかにした。21世紀経済報道(電子版)などが伝えた。 徐氏は…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:このところシマが中国に…(05/07)

スマホ出荷、1~3月は23%増 過去最多も今後は第2波影響(05/07)

労働節連休の国内旅行が活況 2.3億人外出、消費にも恩恵(05/07)

中国が新型コロナ対策支援、医療物資を寄贈(05/07)

投資認可6件、ホテルなど総額1億ドル超(05/07)

相次ぐ不動産抑制策、4月に今年最多(05/07)

つながる車のモデル都市、第1弾に6都市(05/07)

演劇・旅行会社の返済猶予延長、文化観光省(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン