続落、独禁法取り締まり継続を警戒=香港株式

12日の香港株式市場は続落した。中国本土の独占禁止当局による取り締まり強化が続くとの市場観測が広がり、本土の大手ハイテク銘柄の下げが目立った。香港経済日報系のニュースサイト、経済通などが伝えた。 ハンセン指数の終値は前営業日比245.52ポイント(0.86%)安の28453.28…

関連国・地域: 香港
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

業務スーパー、香港初出店 きょうオープン、地元密着目指す(05/07)

変異株、感染者間のつながり見つかる(05/07)

新たに2人感染、域内はゼロ=計1万1798人(05/07)

新型コロナワクチン、接種者が100万人突破(05/07)

反発、本土取り引き再開受け=香港株式(05/07)

MPF運用利回り、4月は1.89%(05/07)

スイスPBが脱・中環、18年以来「最大級」(05/07)

高級住宅地の家賃が下落、駐在員流出などで(05/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン