中国への木材密輸が活発化、クーデター後

英国の監視団体、環境調査機関(EIA)によると、ミャンマーで2月1日に発生した軍事クーデター以降、中国への木材の密輸が活発化しているもようだ。以前から存在する犯罪組織が活動を再開。新たな組織も台頭してきているという。軍事政権に資金が流れている疑いが指摘されてい…

関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 農林・水産社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

13日もドル売り介入、2日連続(13:24)

クーデター後の犠牲者、3人増の788人に(12:05)

チン州ミンダットに戒厳令、抵抗激化で(12:05)

北角さん搭乗の全日空便が出発(15:05)

北角さん解放、帰国の途に(12:24)

北角さん、近く帰国=茂木外相(12:04)

北角さん、きょう解放へ(10:10)

北角さん、14日に解放=ミャンマー国軍(09:57)

ジャーナリストの北角さん、当局が解放へ(09:56)

3月の対米輸入は55%減 政変前の2割、制裁が直撃(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン