• 印刷する

テイクオフ:当地に来てから仲良くし…

当地に来てから仲良くしていた友人が帰国する。お別れ会に参加すると、話題に上がったのは「一番おいしかったご飯は何か」だった。

マレー料理に限らず、イタリアンや中華、インド料理のレストランも非常に多いマレーシア。お別れ会でも、みんなで食べたのはマレーシア中華のサンハーミー(エビあんかけ麺)だった。思えば友人とご飯に行く時、日本食のお店を選んだことは一度もない。帰国する友人は何が一番おいしかったかは「決められない」とした上で、「日本に帰ると、食べられなくなるものがたくさんある」と残念がっていた。

確かに職場の周辺にあるフードトラックの食べ物は、名前も分からないがおいしいものばかり。コロナ禍で日本に帰国できない今、日本食が恋しくなるのも事実だが、国内旅行すら自由にできない状況下だからこそ、身近にある食べ物でマレーシアを楽しみたい。(望)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: サービス社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

マレーシア国民ら、政府便でインドから帰国(15:06)

テイクオフ:「鼻水出てますね」。最…(05/12)

ソフトバンク、アジア強化へ 同業アクシアタのAI部門と提携(05/12)

1QのGDPは0.5%減 内需改善と輸出拡大で下げ幅縮小(05/12)

パナが国内テレビ生産終了、海外に集約(05/12)

RM1=26.4円、$1=4.12RM(11日)(05/12)

シンガポールとの出張者入国特例を一時停止(05/12)

新規感染3973人、ス州1.3千人(05/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン