仮想空間の日本で旅行を、JTBが訪日需要を喚起

【共同】JTBは7日、インターネット上に日本を模した仮想空間をつくり、各地を旅したり店舗で買い物したりできるサービスを始めると発表した。東南アジアに住む外国人を対象に4月末に始め、新型コロナウイルス感染症収束後の訪日需要を喚起する。2024年に1,000万人の利用を目指…

関連国・地域: 日本
関連業種: IT・通信観光


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:日曜の昼下がり。ふとテ…(05/11)

テイクオフ:南オーストラリア州都の…(05/11)

デジタル活用、アジアに学ぶ MUFGの東南アジア戦略(4)(05/11)

経団連6月に十倉新会長、中西氏は療養で辞任(05/11)

SBI、カンボジア・ベトナム間の送金事業(05/11)

改革積み残し、十倉新体制は難局の船出(05/11)

パナ25年ぶり7兆円割れ、売上高(05/11)

光磊、日亜化学と次世代技術など提携強化へ(05/11)

改革区切り、法人向け強化急ぐ=パナ(05/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン