• 印刷する

渡航をワンストップで支援、日本旅行

日本旅行のグループ会社、日本旅行インドネシア(ジャバト・インターナショナル)は7日、インドネシアと日本への渡航に必要な手続きなどをサポートする「ワンストップサービスプラン」を発売した。

インドネシアに新たに赴任する駐在員などが入国する際には、5泊のホテル隔離時の手続きやアパート探しのサポート、インドネシア語の会話レッスン、生活情報レクチャーなどを提供する。隔離中のホテル側との通訳、デリバリーの手配、PCR検査の予約、電話やメッセージアプリ「ワッツアップ」でのサポートなど顧客の要望や予算に応じて対応する。日本から首都ジャカルタのほか、シンガポールから東ジャワ州スラバヤ市経由で入国する際なども対応できる。

日本への帰任者向けには引っ越しや帰国時のハイヤー手配、自己隔離用ホテル選定や手続きなどをサポートする。

臼井太一社長によると、一例としてジャカルタの駐在員が一時帰国する際は、往復チケット代、空港からのハイヤー代、日本のホテルでの14日間の隔離費用、ジャカルタのホテルでの5日間の隔離費用を含めて概算で約35万円から対応できる。

コロナ禍の長期化により、同社では一時帰国時のサポートに関する問い合わせが増えているという。インドネシア政府がビジネス目的での入国に関する規制を緩和したことを受けて、新規赴任者などからの需要が増えると見込んでいる。

問い合わせはウェブサイト<https://ntaindonesia.co.id/>のほか、日本国内の日本旅行の法人営業担当支店でも可能。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

民主派、首脳会議参加に意欲 国軍への経済制裁を要請(04/23)

5月24日まで移動規制を強化 帰省禁止の一環で、警戒強める(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

民間ワクチン接種、5月第3週開始に延期(04/23)

アストラが電子マネー事業、アプリも投入(04/23)

バタン工業団地、基礎インフラ建設に着手(04/23)

ハンガリー、インドネシアへの投資基金設立(04/23)

財務相、30年までに輸出企業50万社追加(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン