• 印刷する

テイクオフ:花の咲く様子こそ変わら…

花の咲く様子こそ変わらないが、外国語が耳に入る回数は大きく減った。海外からの観光客らしき姿は当然ながらほぼゼロ。宴会が禁止されたせいで、敷地内は思いのほか静かだ。

3月下旬、東京都内の桜の名所。花吹雪の下を、人の群れがスマホ片手に通り過ぎる。浮かれムードは控えめで、春らんまんと軽くは言えない雰囲気だ。あれだけ豊かだった国際色も、今年は違う場所かと思うほど薄い。在住者らしき中国語や韓国語を操る一団とすれ違うたび、近隣諸国とのつながりを思い出して謎の安堵(あんど)感すら覚える始末。気がつけばアジアは遠くなりにけり、だ。

次回こそ花見を全力で楽しむぞ。そう心に決めたのは1年前。準備した酒瓶のふたは結局開けられず、今年も願いはかなわなかった。余った酒類を流し込みつつ、散った桜以上にピンク色になった頭で、来年こそはと1人ごちる。春よ来い。(潮)


関連国・地域: 日本アジア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

UMWトヨタ、1Q販売は61%増の1.7万台(04/16)

テイクオフ:新生活が始まる。家具・…(04/16)

1Qのバイク新規登録1%増、3月に大幅増(04/16)

日野自、起業家育成機関に中型バス32台納入(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

海外事業拡大先でベトナムは2位、ジェトロ(04/16)

商務省「食品への脅威評価」、処理水放出で(04/16)

排気量別の新規バイク登録台数(21年3月)(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン