• 印刷する

テイクオフ:台湾プロ野球を十数年ぶ…

台湾プロ野球を十数年ぶりに観戦した。台北市の天母球場で開かれた味全ドラゴンズ対富邦ガーディアンズの一戦。味全がプロ野球に復帰してから初のホーム開催となる歴史的試合だった、ということを帰宅後に知った。

このビジター席は応援団が集まるから盛り上がるわよ。どの席を買うか迷っていた当方にチケット売り場の女性はこう勧めた。応援団と言えば、チアリーディング。奇麗なお姉さんに会いたいという娘の強い希望もあって、ビジター席を購入した。ところが、応援団はいたがほとんどが中年男性。敵地に乗り込んで来た熱狂的な富邦のファンだ。

考えれば、ビジターの球場にチアリーディングの女性が来るわけないよなと何だか落ち込む親父。味全のチアははるか遠くに見える。ただ野球初観戦の娘は攻撃時に皆で踊る振付が楽しいのか、手を振りながら知らない選手の名を張り上げた。(崇)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

膨らむ日本企業の商機 半導体をつくる島の未来(4)(05/14)

高雄の火力発電所が停止、400万戸に影響(05/14)

新型コロナ、新たに13人が域内感染(05/14)

万華区訪問者へ警告、感染拡大で(05/14)

飲食店や商業施設、コロナで「実聯制」導入(05/14)

各大学がオンライン移行、警戒度引き上げで(05/14)

IT大手がコロナ対策、来客禁止など(05/14)

鴻海のインド工場幹部、台湾に帰還(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン