主要固形廃棄物の再利用、25年に60%目指す

中国国家発展改革委員会(発改委)など中央10省庁は24日、炭鉱廃石やフライアッシュ(石炭燃焼時に発生する灰)など年間の発生量が1億トンを超える主要固形廃棄物について、再利用を進めるための政策指針を発表した。今年から始まる第14次5カ年計画の最終年度である2025年に、新…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 鉄鋼・金属農林・水産その他製造建設・不動産天然資源マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

MLFで5千億元供給、金利18カ月据え置き(10/15)

追加接種の方向性、来週にも 高齢者ら対象、専門家委で検討へ(10/15)

住宅市場の伸び悩み継続 9月の企業販売3割超減に(10/15)

シノファーム製ワクチン、100万回分が到着(10/15)

今冬の電力負荷「過去最高へ」、送電最大手(10/15)

LNG発電所2カ所が稼働低下、ヤンゴン(10/15)

バンドン高速鉄道、中国の融資実施27億ドル(10/15)

上場企業に製品値上げの動き、原材料高騰で(10/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン