「植物工場」開設に動き 新拠点に6億元、日台企業連携も

建物内で野菜を生産する「植物工場」の開設を巡る動きが台湾で活発化している。今年1月以降、台湾企業が桃園市での新工場建設に約6億台湾元(約23億5,000万円)を投じると発表したほか、植物工場を展開している日本企業が現地企業と契約を結んだ。台湾人の食品安全や健康に対する…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

UBS、台湾の21年成長率予測5.9%を維持(14:13)

新型コロナの域内感染、18日は187人(15:25)

モデルナ製ワクチン第2弾到着へ、24万回分(15:25)

コロナ警戒引き下げに慎重 衛生当局、感染者減も再拡大警戒(06/18)

新型コロナの域内感染、17日は175人(06/18)

陳時中指揮官、ワクチン調達の遅れで謝罪(06/18)

タイヤのマキシス、本年度に販売網5%拡大(06/18)

高齢者21人が死亡、コロナワクチン接種後(06/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン