「植物工場」開設に動き 新拠点に6億元、日台企業連携も

建物内で野菜を生産する「植物工場」の開設を巡る動きが台湾で活発化している。今年1月以降、台湾企業が桃園市での新工場建設に約6億台湾元(約23億5,000万円)を投じると発表したほか、植物工場を展開している日本企業が現地企業と契約を結んだ。台湾人の食品安全や健康に対する…

関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料農林・水産IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナの域内感染、25日は2人(18:43)

テイクオフ:真夏のような暑さが続い…(10/25)

スーパー全聯、大潤発買収へ 100億元超投資か、業態を多様化(10/25)

台北などで震度4の地震観測、宜蘭が震源(10/25)

新型コロナの域内感染、2日連続ゼロ(10/25)

混合接種、モデルナとビオンテックは計画なし(10/25)

コロナ隔離時の補償金、在宅隔離者も対象に(10/25)

TSMC、米子会社向けに45億米ドルの起債決定(10/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン