【先端産業を見る】第6回:東南アジアの金融規制 暗号資産交換業の取り扱いの違い

暗号資産(仮想通貨)のビットコインが2009年に誕生して以来、先進国をはじめとする多数の国で、暗号資産が合法的な決済手段ないしデジタル資産として扱われるようになってきた。一方、東南アジアでは、国によってその取り扱いが大きく異なる。 ベトナムの中央銀行は先月、暗号資…

関連国・地域: タイカンボジアシンガポールインドネシアASEAN
関連業種: 金融IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

在宅勤務義務化、店内飲食禁止 16日から、経路不明の感染増で(05/14)

新規感染52人、市中は24人(14日)(05/14)

1~3月の企業景況感、大幅に改善(05/14)

シングテル、米子会社不振で多額の特損計上(05/14)

STエンジとテマセク、貨物機リースで提携(05/14)

香港との往来再開、高確率で延期=運輸相(05/14)

チャンギ空港と隣接商業施設、一般立入禁止(05/14)

在宅勤務義務・店内飲食禁止、16日から(05/14)

ベトナムからの入国規制強化、感染拡大で(05/14)

ECラザダを公式パートナーに 大型セール、コロナ下での拡販へ(05/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン