• 印刷する

インディカ、インドの太陽光発電社と合弁へ

インディカ・エナジーのアルシャド社長(同社ホームページから)

インディカ・エナジーのアルシャド社長(同社ホームページから)

インドネシアのエネルギー大手インディカ・エナジーは5日、インドの太陽光発電事業者フォース・パートナー・エナジー(4PEL)と合弁会社を設立すると発表した。合弁会社名はウンパット・ミトラ・インディカ・トゥナガ・スルヤ(EMITS)で、国内の太陽光発電事業に2025年までに総額5億米ドル(約542億円)を投じる。

インディカは従来の石炭中心の事業から多角化を進めており、25年までに非石炭事業部門の売上高を50%に引き上げる目標を設定している。アルシャド社長は「EMITSは今後、国内の商業施設や産業向けに太陽光エネルギーを提供していく」と表明。インドネシア政府が定める25年の電源構成比に占める再生エネルギーの割合を23%とする目標達成にも貢献したいと述べた。具体的な設置場所や時期については明らかにしていない。

エネルギー・鉱物資源省は19年12月時点で、25年に再生エネルギー比率23%を達成するためには、370億米ドル規模の投資が必要との試算結果を明らかにしていた。

インディカによると、4PELはインドをはじめ24カ国・地域で合計55万キロワット規模の太陽光発電設備を提供した実績を持つ。


関連国・地域: インドネシアインド
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドネシアでヤモリは…(04/20)

宅配各社が輸送体制強化 ラマダン商機、EC中心に(04/20)

5月3日まで行動制限延長、25州に拡大(04/20)

民間ワクチン、4月第4週に到着予定(04/20)

シノバック製ワクチン、600万回分が到着(04/20)

イオンモール3号店、土地建物を自社所有に(04/20)

航空会社協会、国内線の回復は22年初頭から(04/20)

台湾EMS大手、バタムで800万米ドル投資(04/20)

製靴受託3社、21年1Qは増収(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン