石油公社、製油所内の水素事業の売却検討

インド石油公社(IOC)は、製油所内にある水素生産装置と硫黄回収装置の運営の分社化を検討しているようだ。分社後に新会社の株式を民間企業に売却し、約1,000億ルピー(約1,485億円)の資金を調達する考え。情報筋の話として、エコノミック・タイムズ(電子版)が4日に伝えた…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車化学金融天然資源マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「英アストラゼネカ製の…(04/20)

EUがインド太平洋戦略、中国にらみ初策定へ(04/20)

累計感染者1500万人突破 デリーで外出禁止、変異株懸念も(04/20)

世界の新規感染、過去最多(04/20)

ワクチン接種の対象、5月から18歳以上に拡大(04/20)

比など3カ国からの旅客便、着陸を拒否(04/20)

デリーで再び外出禁止措置、26日朝まで(04/20)

ラジャスタン州とUP州5都市で活動制限(04/20)

第2波で不確実性増大、NITIが警戒感(04/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン