太陽光発電の直接取引、デリーで試験事業

インドの財閥タタ・グループ系の配電企業タタ・パワー・デリー・ディストリビューション(TPDDL)とオーストラリアの新興企業パワーレッジャーは3日、インドの首都ニューデリーで太陽光発電による余剰電力の直接(PtoP、ピア・ツー・ピア)取引の試験事業を始めると発表…

関連国・地域: オーストラリアインド
関連業種: IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:インドの医療現場が心配…(04/19)

【スタートアップ大国】最高峰の解像度で地球を観察 ピクセル、年内に衛星2基打上げ(04/19)

マハ州の車工場、コロナ対応で従業員数圧縮(04/19)

米GM、マハ州の工場の従業員に解雇通知(04/19)

商用車アショク、貨物輸送で新会社設立(04/19)

マルチスズキ、16日から値上げ(04/19)

車購入者の7割、サブスクを知らず(04/19)

政府、水素活用に5~7年で2億米ドル拠出(04/19)

ノイダの工業用地、アダニなど13社に割当て(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン