監査法人が解決金で和解、巨額流用事件

【シンガポール共同】マレーシア政府は3日、同国の政府系ファンド「1MDB」などの巨額資金流用事件を巡り、監査を担当していた大手監査法人「デロイト・トウシュ・トーマツ」の現地法人が8,000万ドル(約85億円)の解決金を支払うことで和解に合意したと発表した。 政府は、デ…

関連国・地域: マレーシア米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

不法就労者の合法化、サービス業に拡大(04/23)

新投資政策NIAを閣議決定 5本の柱、首相主導の評議会設置(04/23)

3月の東南ア訪日者数98%減、引き続き低迷(04/23)

プロトン、ペラ生産拠点拡張に2億リンギ(04/23)

「世界初」持続可能なイスラム債発行、財省(04/23)

RM1=26.3円、$1=4.11RM(22日)(04/23)

新規感染2875人、クランタン州最多(04/23)

外貨準備高1093億ドル、半月で7億ドル増(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン