• 印刷する

ワクチン接種、民間病院で始まる

フィリピンのマニラ首都圏にある民間の総合病院セントルークス・メディカル・センターで3日、新型コロナウイルスワクチンの接種が始まった。民間病院での接種開始は初めて。中国政府が供与した科興控股生物技術(シノバック・バイオテック)のワクチンを使用した。

セントルークスはタギッグ市の新興開発区ボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)とケソン市に病院を構えている。初日はアルトゥロ・デ・ラ・ペーニャ社長兼最高経営責任者(CEO)をはじめ、2カ所合わせて約100人の医療従事者がワクチンの接種を受けた。

同病院には政府から5,000人分のワクチンが供給されたという。政府は調達したワクチンについて、政府系病院だけでなく民間病院にも積極的に配分していく方針を示している。

シノバックのワクチンは2月28日に首都圏に到着し、翌日から政府系のフィリピン総合病院で接種が始まった。

ワクチン接種を受けるセントルークス・メディカル・センターの医師=3日、マニラ首都圏タギッグ市(NNA撮影)

ワクチン接種を受けるセントルークス・メディカル・センターの医師=3日、マニラ首都圏タギッグ市(NNA撮影)


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 医療・医薬品社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外国人の入国禁止、30日まで延長(04/16)

新型コロナ、新たに1万726人感染(04/16)

新型コロナ、新たに1万1101人感染(04/18)

フィリピン由来の変異株警戒 日本、入国後は待機措置厳しく(04/16)

新型コロナ、新たに1万1429人感染(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

ワクチン接種125万人完了、4割止まり(04/16)

鉱業免許の新規発行再開、9年ぶり(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン