【識者の見方】環境政策に本腰、21年度予算案 政府方針に大きな変化なし

シンガポール政府は2月16日、2021年度(21年4月~22年3月)予算案を発表した。新型コロナウイルス対応に110億Sドル(約8,860億円)の特別予算を付けたほかは、足元の経済回復から中長期的な成長を見据えた政策が目立つ。「政府の方針に大きな変化はないが、成長に向けた投資、…

関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

DBS、深セン農村商業銀行の筆頭株主に(16:42)

ホテル大手ファーイースト 、隣国同業と提携(16:05)

シティの消費者事業、現地2行も買収検討(15:58)

ECラザダと陸運大手、タクシー配車で提携(14:59)

テイクオフ:英国の植民地時代からあ…(04/21)

タクシーSMRT、5年で全て電気自動車へ(04/21)

次世代産業育成に環境整備急務 グラブの米国上場で課題浮き彫り(04/21)

シティ、富裕層向け資産管理の人員増強(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン