バスの歩行者検知、為升が米国で大量受注

車載部品を手掛ける台湾の為升電装工業(カブ・エレクパーツ)は1日、電動スクールバス向けのミリ波レーダーの歩行者検知システムを米国で大量受注したと明らかにした。受注額は1億6,900万米ドル(約180億円)。2日付経済日報などが伝えた。 北米のパートナー企業を通じて、77…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:台湾語を熱心に練習して…(04/22)

21年の成長率、4.8%と予測 中経院、域内機関で最高値(04/22)

鴻海の米国投資、減税枠が27.7億米ドル縮小(04/22)

鴻海・広達の董事長、原材料不足に懸念表明(04/22)

DRAM価格、2Qに最大23%上昇か=集邦(04/22)

威剛科技、台北内湖区でオフィスの一部取得(04/22)

3月のスマホ販売40.4万台、直近半年で最少(04/22)

ファウンドリーUMC、22年に4割値上げも(04/22)

パネル価格4月も値上がり、前月比10%超も(04/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン