民間投資が初の4兆元超えへ ハイテク・資金還流が押し上げ

台湾の民間投資が今年、記録を更新しそうだ。台湾の国家発展委員会(国発会)は、2021年の民間投資が初めて4兆台湾元(約15兆3,000億円)を突破するとの見方。域内外企業のハイテク・再生可能エネルギー分野の投資や海外からの回帰投資が金額を押し上げるとみている。一方、余剰資…

関連国・地域: 台湾
関連業種: その他製造IT・通信電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

中華電やクアルコム、デジタル化支援で提携(21:35)

テイクオフ:「断水中だからタンクの…(04/21)

南亜科技がDRAM新工場 10ナノ級生産、1.2兆円投資(04/21)

壱伝媒、台湾紙売却で新合意 狭まる包囲網、親中派が批判強化(04/21)

3月の輸出受注3割増、1~3月は過去最高(04/21)

旺宏の6インチ工場、鴻海が提携に関心(04/21)

台湾ベンツ次期総裁、EV投入加速方針(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン