• 印刷する

テイクオフ:最近気温の明らかな変化…

最近気温の明らかな変化を体感していたら2月27日に暑期へ入った。暑期は4月のタイ正月に向けた新たな季節の到来だが、ここ数年は胸騒ぎが続いた。

一昨年は5年間続いた軍政から民政移管に向けて総選挙が3月にあったが、結果的に親軍政政権が今も続く。昨年は得体の知れない新型コロナウイルスの「足音」におびえていた。

今年は暑期入りの翌28日に、反体制デモで警察がゴム弾を次々発砲し、昨年以降で最悪の暴力行為となった。この日のデモはタイやミャンマー、香港など真の民主主義を目指す国・地域が連帯する意図もあった。

世界は新型コロナ禍で政治や経済、社会のひずみが拡大しているように見える。ただ、タイではコロナ禍で食料を分け合うなどの国民の共助に希望を見いだしただけに、当地が世界的なひずみ解消の発端になればとささやかながら願っている。(京)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

市中感染1544人、累計感染者4万人突破(17日)(04/17)

市中感染1577人、過去最多をさらに更新(16日)(04/16)

ミャンマー国境輸出、21年は6%減の見通し(04/16)

市中感染1540人、過去最多を連日更新(15日)(04/16)

1Qのバイク新規登録1%増、3月に大幅増(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

排気量別の新規バイク登録台数(21年3月)(04/16)

地域別の新規バイク登録台数(21年3月)(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン