• 印刷する

テイクオフ:近所にできた小ぶりなカ…

近所にできた小ぶりなカフェに入ると、むわっとした煙い空気が充満していた。客は大半が中年男性で10人中7人がたばこを吸っていた。外出する機会が減ったからか、久しぶりに丁子たばこ独特の匂いを感じた。

インドネシアは世界的にも喫煙率が高いことで知られるが、過去数年は販売量が減少しているとの報道が目出つ。昨年は前年比で10%減少したとみられている。新型コロナの重症化を懸念して禁煙に踏み切る動きがあったのかと思いきや、大半の喫煙者はコロナ禍前と喫煙本数が変わらなかったという調査結果もある。

同調査ではむしろ低所得者層の一部は吸う量が増えたという。1年ほど前には「喫煙でコロナの感染を予防できる」と主張する人が話題になった。新型コロナはさまざまな社会問題を十数年、前倒しにしたと言われるが、喫煙文化は簡単には廃れなさそうだ。(幸)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:断食月(ラマダン)に入…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

国際自動車展IIMS2021 コロナ後初開催、需要回復に期待(04/19)

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/19)

元閣僚主導のワクチン開発、継続は不適切(04/19)

マカッサル空港の物流拠点、33ha用地確保(04/19)

首都港湾の渋滞緩和対策を強化、運輸相(04/19)

首都MRT、午後11時までに運行時間延長(04/19)

プルタミナ、VLCC新造船が日本から到着(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン