• 印刷する

ANA、羽田便の週4往復を6月末まで継続

全日本空輸(ANA)は2月24日、3月28日から週4往復で運航する羽田空港とインドネシアの首都ジャカルタを結ぶ直行便を、6月30日まで継続すると発表した。

ANAは現在、ジャカルタ直行便を羽田便と成田便でいずれも週2往復運航している。夏ダイヤに当たる3月28日からは羽田便を週4往復に増便し、成田便は運休となる。

成田便は、ANAが1月26日に発表した「2021年度国際線航空輸送事業計画」によって、10月30日までの運休が決定している。

また、羽田便のNH871便は、3月28日から出発日が日曜と木曜日に変更となる。

NH855便とNH856便は、5月15日と19日に運休する。


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:断食月(ラマダン)に入…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

国際自動車展IIMS2021 コロナ後初開催、需要回復に期待(04/19)

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/19)

元閣僚主導のワクチン開発、継続は不適切(04/19)

マカッサル空港の物流拠点、33ha用地確保(04/19)

首都港湾の渋滞緩和対策を強化、運輸相(04/19)

首都MRT、午後11時までに運行時間延長(04/19)

プルタミナ、VLCC新造船が日本から到着(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン