• 印刷する

《安全》首都のクラスター感染、約100人増

カンボジアの首都プノンペンで発生した新型コロナウイルス感染症のクラスター(感染者集団)で、2月26日~28日に約100人の陽性が明らかになり、同クラスターに関連する感染者は約300人に拡大した。これを受け、プノンペン首都圏では26日までに、63の施設が封鎖された。クメール・タイムズ(電子版)が伝えた。

プノンペンのクラスターは20日に明らかになった。ダイヤモンドアイランドのクラブハウス「N8」が発生源とされ、中国人を中心に感染が拡大している。N8には、新型コロナの自主隔離施設として用いられる「ソカ・ホテル」から逃走した4人が出入りしていた。

保健省はクラスターの発生を受け、当初はN8を含む13の施設を封鎖。22日に11カ所、23日に23カ所 25日に16カ所を新たに封鎖した。

カンボジアの累計感染者は805人。


関連国・地域: カンボジア
関連業種: 医療・医薬品

その他記事

すべての文頭を開く

到着後の隔離長期化も、大使館が注意喚起(04/20)

昨年の自動車輸入額、コロナ影響で37%減(04/20)

首都の納税者対象、オンライン申告を指示(04/20)

カンボジア都市封鎖、タイ企業への影響軽微(04/20)

シエムレアプの一部地区、ロックダウン(04/19)

イオンモールの営業を一時停止、都市封鎖で(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン