• 印刷する

ムーディーズ、台湾見通し「ポジティブ」に

米格付け大手ムーディーズは24日、台湾政府のソブリン債に関する格付け見通しを「安定的」から「ポジティブ」に引き上げた。「ポジティブ」とするのは、1994年に台湾を格付け対象として以来初めて。自由時報が伝えた。

「ポジティブ」は、向こう1年以内に台湾の格付けを引き上げる可能性が高いことを意味する。ムーディーズが24日発表した台湾の格付けは、上から4番目の「Aa3」だった。

ムーディーズは台湾を「ポジティブ」にした理由として、強い半導体需要を受けたハイテク産業の輸出増、新型コロナウイルス感染症の抑え込み成功、米中貿易摩擦の影響回避などを挙げた。台湾では台湾元の対米ドルレート上昇が輸出競争力を下押しするとの懸念が出ているものの、ムーディーズは「豊富な外貨準備高が柔軟な為替政策を可能にする」と説明した。

ムーディーズによると、台湾の域内総生産(GDP)に対する財政赤字の比率は今年1%となる見通しで、前年から1.1ポイント下落する。他の「Aa3」の国・地域(およそ3~5%)を下回ることになる。


関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

TSMC、非先進プロセスの増産に3000億円(04/23)

LINEバンクが開業、最短6分で口座開設(04/23)

新型コロナ、1人の域内感染を確認(04/23)

半導体、台湾が米中をリード TSMC創業者「人材に優位性」(04/23)

TSMC、水不足で一部生産を南京に移管か(04/23)

二輪ヒーロー、電動化で台湾ゴゴロと提携(04/23)

新型iPadプロ、大画面製品は鴻海独占か(04/23)

広達にサイバー攻撃、身代金に1億ドル(04/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン