アウラ、マルク州で小水力発電23年稼働へ

再生可能エネルギー事業を展開するアウラグリーンエナジー(青森市)は、インドネシアのマルク州西セラム県で約8,000キロワット(kW)の小水力発電事業を計画する。総事業費は約30億円。2023年3月に稼働を予定している。同社のインドネシアの再生エネルギー発電事業は3件目とな…

関連国・地域: カンボジアインドネシア日本
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

新たな変異ウイルス、バタム島で確認(04/16)

3月貿易収支、15億ドル黒字 輸出は30%増、経済回復をけん引(04/16)

グラブが隣国民放に出資、決済2社統合か(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

国際モーターショー開幕、実会場で今年初(04/16)

ツリーレティック、隣国へ電動二輪車輸出へ(04/16)

輸出用石炭の生産量、7500万トン引き上げ(04/16)

物流J&Tがユニコーン入り、国内6社目(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン