• 印刷する

化石燃料車、35年までに新規登録停止へ

香港政府は24日に発表した2021/22年度(21年4月~22年3月)の予算案と経済対策で、政府環境局が3月に電気自動車(EV)の普及に関する香港初のロードマップを発表すると明らかにした。ガソリンなどを使用する化石燃料車について、自家用車の新規登録を2035年までに停止することなどを盛り込む方針だ。

ロードマップには、充電ネットワークの拡大と市場化の促進、EVの整備に携わる人材の養成について明記するほか、使用済み電池の生産者責任について計画を策定する。政府はEVの普及に向けてリーダーシップを発揮する。

陳茂波(ポール・チャン)財政長官は予算演説で、EVを含む自家用車の初回登記税の各段階の税率を15%、車両免許料を30%それぞれ引き上げることも発表し、24日から変更した。

政府によると、香港域内のEVは過去10年間で1万8,500台まで増加。自家用車全体のうちEVは2.7%を占める。


関連国・地域: 香港
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:先週15日に行われた香…(04/21)

壱伝媒、台湾紙売却で新合意 狭まる包囲網、親中派が批判強化(04/21)

シティ、富裕層向け資産管理の人員増強(04/21)

独社製ワクチン、変異株への有効性は8割超(04/21)

新たに8人感染、域内で4人=計1万1703人(04/21)

3日続伸、本土の内需株がけん引=香港株式(04/21)

アナンダ、中国・香港でコンド販売強化(04/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン