最低賃金、各地で引き上げ 景気回復反映、昨年は据え置き

中国各地で最低賃金基準を引き上げる動きが広がっている。新型コロナウイルスの感染拡大による景気低迷を受け、2020年は多くの都市が引き上げを見送ったが、今年は31省・自治区・直轄市のうち、既に5省市が引き上げの方針を決めた。景気回復を反映して今後も同様の動きが続きそう…

関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 医療・医薬品マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

年金支給額、21年は4.5%引き上げ(15:27)

シノバック製ワクチン、600万回分が到着(14:38)

対中国、「協力と闘争」維持 外相電話会談、領海問題でクギ(04/19)

テイクオフ:自動車業界は現在、10…(04/19)

ニッケルの世界需要拡大 EV普及や中国向け、比に商機(04/19)

1~3月GDP18.3%成長 過去最高の伸び、コロナ反動で(04/19)

米中に挟まれかじ取り困難、思惑交錯=日本企業(04/19)

米が為替操作国ゼロに、「証拠不十分」(04/19)

1~3月の主要指標が好調、2割超の伸び幅(04/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン