• 印刷する

国内航空3社、ボーイング777の運航停止

米ユナイテッド航空の旅客機ボーイング777型機が20日(現地時間)、米西部コロラド州デンバーの空港を離陸直後に米プラット&ホイットニー(P&W)製エンジンが炎上して部品が落下したことを受けて、韓国の航空各社も同タイプのエンジンを搭載した全てのボーイング777型機(29機)の運航停止を決めた。韓国メディアが伝えた。

29機の内訳はアシアナ航空が9機、大韓航空が16機、格安航空会社(LCC)のジンエアーが4機となっている。この中には新型コロナウイルス感染症による需要減ですでに運休している機材もあるが、各社は運航を全て停止することにした。

ボーイングは、米連邦航空局(FAA)が検査手続きを確定するまで777型機の運航を停止するよう航空会社に呼び掛けている。

韓国国土交通省は韓国各社に対して777型機の点検を指示した。今後の措置については、FAAの発表内容に応じて決める方針だ。


関連国・地域: 韓国米国
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ感染者398人、3日ぶりに400人未満(03/05)

ワクチン接種後に2人死亡、累計7人に(03/05)

半導体の微細化競争が激化 サムスン後塵、新技術で追い上げ(03/05)

コロナ感染者424人、2日連続で400人台(03/05)

ワクチン接種後に3人死亡、累計5人に(03/05)

20年のGDP1.0%減、速報値と変わらず(03/05)

消費者物価1.1%上昇、1年ぶりの高水準(03/05)

苦難続くLCC、政府が190億円を追加支援(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン