• 印刷する

テイクオフ:インドネシア政府による…

インドネシア政府による新型コロナウイルス対策のため、多くの規則が企業に課せられている。会社内で感染者が発生した場合は、3日から1週間の一時閉鎖を含めた措置が求められることがある。

一方で、操業停止による損失を懸念して感染者を確認しても規則に従わない会社もあるようだ。とある工場では無症状、軽症、重症者まで複数の感染者を確認したが、会社は工場の稼働を停止せず、さらには一部の陽性者に対してマスクを着用させて通常通り勤務するよう求めたという。問題なく働ける状態であるならば、勤務を続けるという。

経営者は従業員の健康を守るべきで、なぜこのような行為を通報しないのかと疑問に思ってしまうが、従業員は自分の通報が会社に伝わって不利益を被ることを恐れている。政府の対応が不十分なままでは、この何とも皮肉な状態は解決しない。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

三菱UFJがウェブ商談会 ダナモン銀と共催、26日まで(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

アストラ、20年決算は26%の減収減益(02/26)

UTのコマツ製重機販売、20年は47%減(02/26)

呼気式コロナ検査、4月から空港にも導入(02/26)

メラック港、11月に新たなふ頭を運用(02/26)

アウラ、マルク州で小水力発電23年稼働へ(02/26)

PLNの現調率、20年は平均40%に停滞(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン