• 印刷する

バリ空港、営業時間を午後8時までに短縮

インドネシアのバリ州ングラライ空港は18日、営業時間をこれまでの午前7時~午後11時から午前7時~午後8時に短縮すると発表した。18日から適用を始めた。

新型コロナウイルス感染拡大の影響で航空会社の運航便数が減少していることから、業務効率を最適化することが目的。国営空港運営会社アンカサ・プラ(AP)1ングラライ空港支部のヘリー・ゼネラルマネジャーは、「この空港は1時間に18便の発着を処理する能力があるが、現在の発着数は1時間に10~14便にとどまっている」と指摘した。

AP1バリのタウファン広報マネージャーはNNAの取材に対し、「時間短縮の期間は今後決める」と述べた。

国営ガルーダ・インドネシア航空のバリ―成田・関西空港路線は、いずれも28日まで運休が決まっている。

バリ島のングラライ空港は営業時間を午後8時までに短縮した(アンカサ・プラ1ウェブサイトから)

バリ島のングラライ空港は営業時間を午後8時までに短縮した(アンカサ・プラ1ウェブサイトから)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 運輸

その他記事

すべての文頭を開く

テスラ投資提案、現在も協議中=調整相(02/26)

大統領支持率、コロナ長期化でやや低下(02/26)

三菱UFJがウェブ商談会 ダナモン銀と共催、26日まで(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

アストラ、20年決算は26%の減収減益(02/26)

UTのコマツ製重機販売、20年は47%減(02/26)

呼気式コロナ検査、4月から空港にも導入(02/26)

メラック港、11月に新たなふ頭を運用(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン