米、ファーウェイ機器撤去に2千億円

【ワシントン共同】米連邦通信委員会(FCC)は17日、中国通信機器大手の華為技術(広東省深セン市、ファーウェイ)機器を米国内の通信網から取り除くための新規則を決定した。約19億ドル(約2千億円)を用意し、通信会社の撤去費用を肩代わりする。バイデン政権は機器利用を通…

関連国・地域: 中国-深セン
関連業種: その他製造IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

3月の新築住宅価格、上昇は62都市に増加(04/16)

1~3月GDP18.3%成長、過去最高の伸び(04/16)

ワクチン調達「リスク取る必要」、保健相(04/16)

国安教育デーの活動、香港で初開催(04/16)

各地で不動産抑制策続々、価格下落も(04/16)

ワクチン接種、4割自主判断 安全性懸念し「帰国接種」希望も(04/16)

商務省「食品への脅威評価」、処理水放出で(04/16)

海外からの対中投資、1~3月は39.9%増(04/16)

友達総経理、部品不足「2Qはより深刻」(04/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン