南部で2発電所建設、カンボジアに電力供給

ラオスのエネルギー鉱業省は、南部セコン県で石炭火力発電所が2カ所、年末に着工すると明らかにした。いずれも2025年の稼働を予定し、電力はカンボジアに輸出される。地元各紙(電子版)が伝えた。 カレウム地区に発電容量1,800メガワット(MW)、ラマム地区に同700MWの発電…

関連国・地域: カンボジアラオス
関連業種: 電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

ラオス航空、一部国内便を25日に再開(06/23)

22日は13人、新型コロナ感染者(06/23)

【新ラオス法】第29回・eコマース事業について(06/23)

7月4日までコロナ対策延長、一部で緩和も(06/22)

21日は1人、新型コロナ感染者(06/22)

【日本の税務】海外赴任時の「納税管理人の届出書」(06/22)

首都―パクセー高速道路、政府がルート承認(06/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン