• 印刷する

コロナ追跡データ、重大犯罪の捜査に利用

シンガポールの国会で1日、新型コロナウイルス感染症に関する「COVID19(暫定措置)法」が改正され、感染者の接触者追跡アプリなどから収集した個人データを、警察らが犯罪捜査に利用できるようになった。7種類の重大犯罪が対象で、罰則も規定された。

警察または法執行官が犯罪捜査に利用できるのは、訪問者登録システム「セーフ・エントリー」、接触者追跡アプリ「トレーストゥギャザー(TT)」、民間企業が開発したTT類似の追跡端末「ブルーパス」で収集した個人データ。これまでは感染者の接触者を追跡するためだけに利用されていた。

セーフ・エントリーは、小売店や企業の事務所などを訪問する際に利用が義務付けられており、氏名や連絡先などを記録する。TTは位置情報を記録しないが、搭載端末同士の近接履歴を収集。TTのスマートフォン向けアプリおよびTT搭載の端末「TTトークン」の利用は任意だが、既にシンガポールの人口の8割余りが利用している。ブルーパスは、スマホの持ち込みが限定される石油製油所の作業員などが使っている。

政府は追跡ツールから収集されるデータを、爆発物や銃火器など危険物の所持・利用、テロ関連の活動、傷害・殺人、死刑の可能性がある薬物犯罪、悪意ある目的での保護観察からの逃走、誘拐、重大な性犯罪の7種類の犯罪捜査に利用する。

個人データを不正利用したり、漏えいさせたりした公務員および下請け事業者には、最大で2万Sドル(約158万円)の罰金または最長2年の禁錮刑、あるいはその両方を科す。

今回の新規定は、COVID19(暫定措置)法が有効な期間のみ適用される。新型コロナが終息し、セーフ・エントリーや接触者追跡アプリが必要なくなった後は、データの収集およびその利用は行われない。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 医療・医薬品IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

大手3行の通期決算2桁減益 貸倒引当金増、見通し不鮮明(02/26)

シンガポール航空、3月2日から羽田便再開(02/26)

シナールマス・ランド、同業3社を買収(02/26)

スーパー紀ノ国屋、海外で初販売(02/26)

新カーシェア会社誕生、3月に営業開始(02/26)

配車グラブ、年内に350人増員(02/26)

シノバック製ワクチン、第1便が到着(02/26)

ミャンマー資金は少ない=シンガ金融庁(02/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン