【ASEAN・インド労働リポート】第24回 2020年10~12月期

■シンガポール ◇外国人の雇用機会が減少 引き続き採用意欲が低迷している。政府は現地人材の雇用保護のため、外国人労働者を全労働人口の3分の1に抑える目標を掲げており、コロナ禍において企業の採用活動への調査を強化している。その結果、外国人の雇用機会と就労ビザ取得…

関連国・地域: タイベトナムシンガポールインドネシアインド
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:商業施設や店舗への入場…(10/18)

24年に炭素税引き上げ 詳細は来年公表、増税幅に注目(10/18)

人材開発省、警備2社を過重労働で告発(10/18)

ECショッピー、1600人超を新規採用へ(10/18)

ドンドンドンキ、東部タンピネスに11号店(10/18)

家具イケア、3店舗目開業で21%増収(10/18)

テマセク、ディープテックに年10億ドル投資(10/18)

電力小売市場、事業者の撤退相次ぐ(10/18)

9月の民間住宅販売、感染対策強化で大幅減(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン