上場商銀、20年は3割減益 引当金増、家計債務上昇に懸念も

タイ証券取引所(SET)に上場する商業銀行10行の2020年連結決算が出そろった。純利益は合算で前年比32%減の1,383億バーツ(約4,800億円)だった。本業の収益源となる純金利収入は増加したが、新型コロナウイルス感染症の流行での景気悪化に伴う貸倒引当金の積み増しにより2桁…

関連国・地域: タイ
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

タイ航空が再建計画提出、負債完済に10年(19:29)

不動産SCアセット、タイ初のICO実施へ(19:29)

NTTと協和エクシオ、東南アの5Gで協業(18:59)

テイクオフ:いよいよタイでも新型コ…(03/03)

20年のCO2排出量が1割減 コロナで輸送減少、石炭由来は増(03/03)

ASEAN加盟国の非難強まる ミャンマー情勢、主要国が自制要請(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

1月のメーカー別車輸出、9社中5社が増加(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン