中華電信の資本的支出、21年は過去最高に

台湾通信最大手の中華電信は26日、2021年の資本的支出(研究開発費や設備投資費用の総称)を431億5,000万台湾元(約1,600億円)とすることを決めた。前年(236億元、実行ベース)から8割以上増え、過去最高額となる。経済日報などが伝えた。 主に第5世代(5G)移動通信システ…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 建設・不動産IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

日本人留学生が10年で3倍超 仲介業が発達、企業は卒業生狙う(03/05)

TSMC、ウエハー1枚売上高が業界最高(03/05)

鴻海の2月売上高が8割増、同月過去最高(03/05)

エイサー、PC供給が7割不足(03/05)

遠伝と亜太、基地局2千局を増設へ(03/05)

半導体設備投資、今年台湾首位か=SEMI(03/05)

NCCが5G網拡充に補助、2年で155億元(03/05)

パネル不足、群創「年内は生産追いつかず」(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン