• 印刷する

南北通勤鉄道、第1期の工事43%完了

フィリピン運輸省は25日、マニラ首都圏と近郊を結ぶ南北通勤鉄道(パンパンガ州クラーク国際空港―ラグナ州カランバ)の延伸事業について、円借款事業である第1期の工事進ちょく率が2020年末時点で42.7%になったと発表した。

新型コロナウイルスの感染対策を厳格に実施した上で、第1期のマニラ市トゥトゥバン―ブラカン州マロロス区間の工事を進めていると説明した。仮設道路や橋りょうの建設、くい打ち、掘削工事、プレキャスト部材の製作などが進んでいるという。

アジア開発銀行(ADB)によると、第1期区間の全長は36.9キロメートル。完成すれば、トゥトゥバン―マロロス区間の所要時間が、現在の1時間30分から35分へと大幅に短縮する見込み。工事は三井住友建設、大成建設とDMCIの合弁が請け負っている。

南北通勤鉄道の総延長は163キロで、ADBと日本の国際協力機構(JICA)が協調融資している。


関連国・地域: フィリピン日本
関連業種: 建設・不動産運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナ、新たに8122人感染(19:57)

テイクオフ:外出・移動制限措置の長…(04/14)

自動車業界に「三重苦」 コロナで工場停止、輸入車に課税(04/14)

新型コロナ、新たに8571人感染(04/14)

ドコモとスマート、5G国際ローミング開始(04/14)

3月新車販売88%増、前年の反動(04/14)

大統領「病気ではない」、健康問題払しょく(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン