• 印刷する

《日系進出》富士フイルム、南部に健診センター開設

健診センター「NURA」のCT検査室(富士フイルム提供)

健診センター「NURA」のCT検査室(富士フイルム提供)

富士フイルムは25日、新興国で健康診断サービス事業に参入すると発表した。第1弾として2月4日に、インド南部ベンガルール(バンガロール)に主にがん検診を行う健診センターを開業。現地で増加を見込むがん検診、生活習慣病検査の需要を取り込む。

健診センターの名称は「NURA(ニューラ)」。インド企業ドクター・カッティーズ・ヘルスケアとの合弁で2019年に設立した現地法人、富士フイルムDKHが運営を担う。合弁会社の資本金や出資比率は非開示。健診センターには、富士フイルム製の放射線画像診断装置、体外診断機器、内視鏡システムなどを導入した。

富士フイルムは、インドの他地域や、インドネシア、ベトナムといった東南アジアの国々、中東・アフリカ諸国で同様の施設を増やしていく計画だ。広報担当者はNNAに対して、「インドはがんの罹患(りかん)者が増加していること、人口が多いことから需要が大きいとみて、1カ所目の設置場所に選んだ。長期的には新興国で100カ所の展開を目指している」とコメントした。

富士フイルムはインドではこのほか、現地法人の富士フイルム・インディアを通じて医療機器やデジタルカメラなどの販売を行っている。


関連国・地域: インドASEAN中東アフリカ
関連業種: 電機医療・医薬品サービス

その他記事

すべての文頭を開く

ITウィプロ、英同業を14.5億米ドルで買収(15:08)

ワクチン輸出にアクセル 47カ国に供給、純国産も本格展開へ(03/05)

タイ製タイヤにAD関税適用せず、財務省(03/05)

ジャガー、EV投入に向けた販売態勢構築(03/05)

車部品団体、ハリヤナ雇用法の再考を要求(03/05)

家電バジャジ、物流マヒンドラに配送委託(03/05)

インド、ロシアにエネルギー事務所開設(03/05)

海外ソフトウエア購入、源泉徴収税の対象外(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン