プノンペンSEZ、FTA活用の輸出が増加

カンボジアのプノンペン経済特区(PPSEZ)で、欧州や米国との貿易協定などを活用した輸出が増加している。2020年の輸出額は、前年比76%増の5億700万米ドル(約526億円)だった。クメール・タイムズ(電子版)が20日伝えた。 商業省貿易支援サービス総局の報告書によると、…

関連国・地域: カンボジア米国欧州
関連業種: 繊維マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

クラスター感染340人に、南部にも(03/03)

対EU貿易、20年は42%減の38.6億ドル(03/03)

南部港の近代化事業、日本政府が11億円支援(03/03)

ダナンを供給網の拠点に、発展計画で首相(03/03)

クラスター拡大、感染者316人に(03/02)

韓国DGBが投資協力で合意、政府と覚書(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン