首都のコロナ病院、隔離病床使用率87%に

インドネシアの首都ジャカルタ特別州は19日、新型コロナウイルスの感染者を受け入れている州内の指定病院101カ所で、隔離病室の病床使用率が87%に達したと明らかにした。集中治療室(ICU)の使用率は82%となっている。 17日時点の隔離病室のベッド数は7,827床、ICUは1,06…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 医療・医薬品社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:近所にできた小ぶりなカ…(03/01)

デジタル化で物流の品質向上 DIT、マーケットプレイス始動(03/01)

民間ワクチン自主接種、保健相令で規定(03/01)

自動車奢侈税減免の財務相令公布、年内有効(03/01)

テスラ投資提案、現在も協議中=調整相(03/01)

GIC、インドネシアのジャゴ銀に出資へ(03/01)

ANA、羽田便の週4往復を6月末まで継続(03/01)

首都の港湾にも呼気コロナ検知器を試験導入(03/01)

バイオマス混焼発電、26カ所で試験稼働(03/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン