• 印刷する

IT企業や本土金融企業、香港で増員見込み

英系人材紹介会社のマイケル・ペイジが実施した調査によると、香港では今年、金融やテクノロジー、ヘルスケア、日用消費財(FMCG)業界の企業や中国本土系金融企業が増員を見込んでいる。サウスチャイナ・モーニングポスト(電子版)が18日伝えた。

調査は2020年11~12月にアジア太平洋地域で実施。香港では、調査対象となった企業の27%が増員する計画だと答えた。54%は現状維持、19%は人員を削減するつもりだと回答した。

業界別では、外食、観光、従来型小売業界の企業で人員が減らされる見通しだ。

また調査によると、テクノロジー専門人材の61%が今年の転職を見込んでおり、3割は新しい仕事のオファーに応じる用意があると答えた。

マイケル・ペイジのマーク・ティバッツ香港・台湾担当マネジングディレクターは、「既に回復の兆しが見え始めている。2021年は20年よりも良い年になると広く予想されている」と指摘した。


関連国・地域: 中国香港
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コロナ下で人と会う機会…(03/03)

【月次リポート】自動車ニュース(21年2月) 半導体不足、米・台湾の連携加速(03/03)

ハンセン指数、100銘柄に倍増 改革始動、来年半ばにまず80に(03/03)

20年の投資認可額、22%減の1640億リンギ(03/03)

新たに13人がコロナに感染、累計1万1032人(03/03)

政府、飲食店に食後処理専門員配置義務付け(03/03)

持ち家比率20年ぶり低さ、若者世代で顕著(03/03)

反落、金融市場のバブル懸念表明で=香港株式(03/03)

特別買収目的会社の上場制度、金融委が整備指示(03/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン