中華電信、亜洲新湾区の通信網整備に3億元

台湾通信最大手の中華電信は18日、高雄市のベイエリア再開発区「亜洲新湾区」の通信インフラの整備に3億台湾元(約11億1,000万円)を投じると発表した。第5世代(5G)移動通信システムや、人工知能(AI)とモノのインターネット(IoT)を組み合わせたAIoTの活用を後押…

関連国・地域: 台湾米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

富士康、中国の自動運転OS開発会社に出資(19:21)

テイクオフ:最近、コンビニの店内入…(03/02)

ワクチンを機に空輸運賃上昇 大手2社、台米線最大4割値上げ(03/02)

TSMCが米工場6カ所建設か、1兆元超へ(03/02)

高雄の5G・AIoT拠点、進出に優遇策(03/02)

台湾PCB企業の中台生産、20年は過去最高(03/02)

シャープが堺の液晶工場株売却へ、24%保有(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン