鴻海がベトナム投資加速 今年7億米ドルか、リスク分散へ

EMS(電子機器の受託製造サービス)世界最大手の鴻海精密工業が、ベトナムへの投資を加速している。米中貿易摩擦の影響回避に向けた顧客の意向とリスク分散などが背景にあり、18日には新工場の建設が現地政府に認可されたと伝えられたばかり。今年はベトナムでの生産拠点の新設…

関連国・地域: 中国台湾ベトナム米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

エネルギー消費量、20年は0.5%増に(19:45)

新型コロナ感染者、976人に(18:07)

テイクオフ:医療用ウィッグのために…(03/08)

東南・南アジア投資が加速 脱中国、RCEPも見据え(03/08)

台湾の長栄航空、プノンペン便の運航再開(03/08)

FII、中国河南省周口に新工場設置へ(03/08)

南電、今年の資本的支出80億元超に(03/08)

台湾サムスン、セブンにディスプレー供給(03/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン