• 印刷する

《日系進出》山九、海外初の人材育成センター

総合物流やプラント保全を手掛ける山九は18日、マレーシア・ジョホール州イスカンダルプテリで、人材育成センター「山九テクニカルアカデミー」の起工式を実施した。2022年に開設し、プラントの施工管理や設備メンテナンスができる人材を育成する。同社にとって、海外初の人材育成センターとなる。

山九の広報担当者によると、投資額は数十億円規模となる。日本国内でプラントの施工管理やメンテナンスをできる人材が不足していることからアウトソーシング(外部委託)の依頼が増加していることに加え、東南アジアや中東といった海外でもプラント建設の要望が増えているため、同センターの新設を決めた。合わせて、人材育成をすることでボトムアップを図るという。

山九テクニカルアカデミーは、マレーシアに限らず、フィリピンやインド、インドネシア、タイといった東南アジアから、グループ会社の現地社員を対象に年間3,000人を受け入れる予定。管理者向けや中堅社員向けなどに分け、安全教育、設計、溶接や機械関係、電気工事、マネジメントと幅広く教育していく。

山九の広報担当者は「自社の社員に限らず、関係会社や協力会社に対しての教育も行う予定だ」と述べた。

マレーシア投資開発庁(MIDA)によると、13日から首都圏を含む8州・連邦直轄区に厳格な活動制限令が敷かれたことから起工式はビデオ会議を通じて行われた。


関連国・地域: マレーシア日本
関連業種: 建設・不動産運輸サービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

内国歳入庁、5日から通常体制で業務再開(03/05)

隣国から電力輸入、試験事業の公募開始(03/05)

首都圏など条件付き制限令に きょうから移行、出社上限は維持(03/05)

新規感染2063人、4日ぶり2千人台(03/05)

RM1=26.4円、$1=4.06RM(4日)(03/05)

政策金利1.75%で据え置き、4会合連続(03/05)

プロドゥアの小型SUV発売、月3千台目標(03/05)

エンジニアリングのセルバ、宇宙庁と提携(03/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン