• 印刷する

テイクオフ:マレーシアの首都圏を含…

マレーシアの首都圏を含む地域に、昨年3~5月に続き、2回目のロックダウン(都市封鎖)が導入された。友人は首都クアラルンプールにカフェをオープンしたばかり。飲食店の店内飲食は許可されておらず、出前サービスしかできない状況だ。

彼はチャットアプリを通じ、事業を継続するため友人から注文を募った。宅配アプリで彼のカフェを探したところ、自分の家からは遠すぎて、配送料が高いことが分かった。彼は、自らが友人全員に食べ物を配送すると申し出た。

自分を含む9人が、前夜に翌日の昼食を注文。友人の男性は、午後だけで9か所に配達することに。自分の家は彼の店から最も近く、配達は9人の中で最後。昼食が届いたのは午後4時近くで、食べ物は既に冷めていた。ドリンクを注文しなかったのは不幸中の幸い。車の中に数時間置かれたドリンクは飲みたくない。(張)


関連国・地域: マレーシア
関連業種: サービスマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:「英米のワクチンなんか…(03/02)

コロナ収束後に議会解散へ 就任1年で首相表明、来年以降か(03/02)

双日、医療大手クオリタスに出資(03/02)

新規感染1828人、4日ぶり千人台(03/02)

RM1=26.3円、$1=4.06RM(1日)(03/02)

外国人労働者の検査期限、3月末まで延長へ(03/02)

トラベルバブル、日本を含む複数国に適用も(03/02)

病院経営IHH、20年通期は48%減益(03/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン