リオの閉鎖予定NZ製錬所、24年まで操業へ

英豪系資源大手リオ・ティントが14日、閉鎖を計画していたニュージーランド (NZ)南島サウスランドのティワイ・ポイントのアルミ製錬所、NZアルミニウム・スメルター(NZAS)を、2024年末まで操業継続すると発表した。電力を供給しているNZの電力最大手メリディアン・エ…

関連国・地域: ニュージーランド
関連業種: 鉄鋼・金属電力・ガス・水道


その他記事

すべての文頭を開く

伊藤忠、豪などの一般炭事業放出へ(01/15)

テイクオフ:周囲に70歳代以上の知…(01/15)

豪世帯・企業貯蓄、2千億$増 「景気回復に十分な資金力」(01/15)

VICが職場復帰へ、QLDは鉱山で隔離か(01/15)

コロナ対策の企業、出社拒否の社員解雇可?(01/15)

豪政府、ワクチンの追加確保に奔走(01/15)

中国企業の投資、豪政府が阻止を拡大(01/15)

豪企は別の石炭販売先を探せ=中国当局(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン