• 印刷する

テイクオフ:タイと隣国ミャンマーの…

タイと隣国ミャンマーの間には歴史的な理由から溝があったが、新型コロナの流行によりその溝は深まりつつある。昨年12月にバンコク西郊で発生したクラスターでは、不法就労者を含め1日に何百人ものミャンマー人労働者の感染が確認され、悪者扱いされるようになった。

SNSにはタイ人によるミャンマー人への誹謗(ひぼう)中傷があふれ、ミャンマー人が買い物に行っても商品を売ってもらえないケースもあるという。こういった心ないタイ人たちは、タイの産業がミャンマー人労働者たちに支えられていることを知らないのだろうか。そもそも国籍によって差別するのは、あってはならないことだ。

感染予防策として自粛生活に協力してきたタイ人たちの憤りも理解できる。しかし、責められるべきなのは、長きにわたり密入国や不法就労に目をつぶってきたタイ政府ではないだろうか。(ビ)


関連国・地域: タイ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ダウェー特区開発、政府は3カ国会談を要望(01/15)

市町村レベルの地方選、3月28日に投開票(01/15)

出光、越中南部に屋根置きソーラー設置(01/15)

「BCG経済」を国家目標に 環境重視、産業高度化政策と同列(01/15)

市中感染259人、死者2人(14日)(01/15)

人材豊富も現地調達に課題、メコンセミナー(01/15)

マスクや消毒液の価格統制維持へ、再流行で(01/15)

13人が新規感染、労働者の陽性続く(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン