• 印刷する

テスラが南部に子会社、インド発売準備

米電気自動車(EV)大手テスラは今月、インド南部ベンガルール(バンガロール)に現地法人を設立した。インド企業省に登録された情報で明らかになった。インドでのEV発売に向けて、着々と準備を進めているようだ。

インド子会社となるテスラ・インディア・モーターズ・アンド・エナジーを今月8日に設立した。授権資本金は150万ルピー(約213万円)、払込資本金は10万ルピー。事業内容はEVの輸入、販売、修理などの各種サービス。太陽光を含む発電・電力関連機器や電力貯蔵システムの輸入販売と各種サービスも含まれている。

地元メディアは先ごろ、ガドカリ道路交通・高速道路相の発言を引用して、テスラが今年早々に、インドでEVを発売すると報じていた。


関連国・地域: インド米国
関連業種: 自動車・二輪車電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

3方面からデジタル化推進、緯創董事長(01/15)

ワクチン接種は教師などを優先に=人権委(01/15)

スパイスヘルス、変異種特定で空港に解析所(01/15)

20年車販売は23%減の294万台 コロナ打撃、2年連続で前年割れ(01/15)

12月の二輪販売は7%増、5カ月連続プラス(01/15)

車業界、鉄鋼不足で1~3月は最大2割減産も(01/15)

マヒンドラの北米子会社、従業員の半数を削減(01/15)

メルセデス、21年は15モデルの発売を計画 (01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン