• 印刷する

テイクオフ:新型コロナウイルス感染…

新型コロナウイルス感染者への差別や偏見は、インドネシアでもみられる。コロナに感染した友人は、陽性と判明した時、保健所や町内会長にも連絡した。普段は病気の時にはご近所同士で助け合って食べ物を差し入れるのに、隣人から家の前を通ることすら避けられてしまった。回復した後も、本人はおろか、家族も2カ月にわたって避けられ、差別を受けた。

陽性だと分かっても報告しない人も出てきている。差別を受けたくないし、感染者と報告すれば何かとわずらわしいというのが言い分だ。政府への報告がなされなければ、正確な感染経路を追うこともできない。コロナ感染者への差別は、非常に危険である。

累計感染者数は80万人を超えている。政府は感染予防策の周知だけではなく、コロナ感染者が差別ではなく、支援を受けられるように教育や情報提供を進めていくべきだ。(エ)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

EUがWTOにパネル要請、ニッケル禁輸で(01/15)

デンソーとGMSが実証事業 小規模事業者向けの小口冷凍輸送(01/15)

パナソニック、グラブ車両に空気清浄機提供(01/15)

新規感染者1万1557人、2日連続で最多更新(01/15)

産業相の製造業成長率予測、専門家は疑問視(01/15)

完成車輸入、20年は25%減の10.5万台(01/15)

ワクチンで経済正常化、専門家は慎重な見方(01/15)

バリ空港の年末年始利用客数、前年比83%減(01/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン